Kelli T's weblog
<< Play-off | main | Existence >>
Regrets
後期が開幕した。紫光は前期開幕で4-0と圧勝した(いや、できたといった方が正しいか)関学クラブとの対戦。多分、難しい試合になるだろうな…と予想はしていた。それが的中した。
 
前半から攻めあぐねるシーンが多くあり、茶木や種子田、日和などが攻め上がっても人数をかけて守ってくる。これではいくら攻め上がっても決定機を創り出すことができない。逆に関学はロングボールをどんどん上げてきた。当然、DFと中盤の間が空いてしまう。また、ボランチもオーバーワークになってしまった。いろいろな意味で悪い意味での循環が始まってしまっていた。もっと、ベンチ内でコントロールしていかないといけない…と思っているんだけれど、それができないまま時間だけが過ぎてしまった。

本当ならもっと早く気付くべきだったろう、テハと石塚の位置関係についても前半の終わりになって修正を施すことを決断し、後半に入ってすぐにテハが故障してしまいアウト。悪い時はこういうものなのだろうか。そして同じボランチの五十川も右足の甲を負傷してしまいアウト。元々ボランチの総取っ替えは想定していたけれど、本当にそうなるとは。

この辺りのバックアップで迷いがなかっただろうか…と振り返って思う。もっと、自分がリードして決めておいた方が良かったんじゃないか。

関学は最後の最後で切り札の金尾を出してきた。正直攻め込まれている中で決定力のある選手を放り込まれてしまっては、タダでさえ動きが止まってきている守備なのに…と内心やられたという感があった。ボランチに入れた阿部を前へ出して、村田をボランチにした方が良かったかとも思った。全てが後悔になってしまう。 結果は0-1の敗戦。

守備が破綻しかかったところを突かれてしまった。試合後のミーティングでは細田が自分の責任だと言ったんだけれど、決して彼一人の責任ではない。体力が消耗してきている中を効果的な選手の配置について指示が出しきれなかった私の責任だと思う。後悔してもキリがないんだけど…。 

試合を終えて、時間が経つごとに悔しさが増してきた。本当に悔しい試合だった。茶木の退場など失ったことも多くあるけれど、公式戦8連勝で止まった今だからこそ何ができるのかを考えるチャンスだと思う。

決して、このチームは弱くない。何かができると信じている。 
私も後悔ばかりしていられない。

JUGEMテーマ:スポーツ
| Kelli T. | football | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://www.kelli.jp/trackback/873948
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
UNIQLOCK
SAKAI'S WEATHER
FACEBOOK
Kelli T. Toyoura

バナーを作成
MY TWEET
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MY BOOKMARKING BLOGS
PROFILE
このページの先頭へ