Kelli T's weblog
<< Existence | main | Difference >>
Thinking
前項で「声が大事」という話を書いた。多分、選手達は私が「声」って言うことを諄いと思って聞いているかも知れない。うん、多分そうだろう。それぐらいしつこく言っている。

結局はどんな奇策に出ようが、基本に忠実でない限り結果は生まれてこない。その基本が「声」ということ。例えば、システムを如何に忠実に機能させようかとすれば、ピッチ上での「声」がないといけない。幾ら縦に長いボールを蹴ったところで闇雲に蹴っているだけでは繋がるものも繋がらない。

私の監督生活もいよいよ3年目を迎えた。その大事な試合となったのが24日の全国社会人関西大会。私にとって苦い経験だらけの大会。2年前の大会直前、当時の監督が突然の辞任。当に青天の霹靂だった。たった1日で監督の交代と全国社会人大会の登録をやった記憶がある。もう2年も経ったのかと思う。当時は私にイニシアティヴはそれほどなかったけど、それなりに自分のカラーを出せた大会だった。結果として途中出場したボランチの山本将太が機能せずに関学クラブ(当時、兵庫県リーグ)にPK戦まで行って負けたという苦い記憶がある。

そして、今季2年ぶりに全国社会人関西大会への出場を果たした。中居頼りだった2年前と違って、今季はチームでもぎ取った権利。

相手となる津田SCは姫路の古豪チーム。関西には中々上がれないでいるけれど、三木一磨を中心としてスピードあるサイド攻撃と粘りある守備が特徴のチーム。今季のチームについては一切認識していなかったけれど、今までにも幾度か観てきた中では、徹底したサイド攻撃が印象に残っていた。それだけに、ウチも両サイドにはリーグ戦と同様の布陣でしっかりと固める必要があるだろうと考えていた。ここ数試合サイドに3年ぶりに復帰してから成果が出ている細田が右サイド、村田が左サイドは変えなかった。CBには渡部聡と竹内。トレーニングでは中々のパフォーマンスながらも試合では結果を残せない竹内を起用したが、両サイドからのクロスやロングボールに対して空中での強さをしっかりと発揮してくれた。渡部聡は細田がSBに転向してからCBとして定着したけれど、着々と実績を上げている。

よく、あちこちのチームの監督から、紫光は修正が上手く、前後半でチームがガラッと変わると言われるけれど、あんまりそういう自覚がない。むしろ、あくまで基本に忠実でいたいという思いの方が強い。Theoryに反することなく、Logicを重視する。傍目には奇策とも見えるところもあるかも知れないけれど、決して奇策でも何でもないと思っている。修正するといっても、HTにみんなでDiscussionして考えながらプレイしているだけだと思う。

とにかく、蹴れるところはどんどん蹴っていく結果、茶木の突破からの得点が期待できるし、反面、繋ぎながら種子田や山田がテクニックで相手DF陣を破っていく。今回もそうして組み立てていくことができた。決して完璧ではなかったけれど、少しずつ自分たちの試合にしていくことができたことは良かったのではないかと思う。今までの紫光ならば、下位ディヴィジョンのチーム相手だったりするとお付き合いする癖があったけれど、今回はそれもなし。食ってかかろうとする相手を飲み込もうとすることはできたのではないかと。その結果が3-0の勝利。

先制は幾度となく突破していた茶木の突破からゴール前で1対1となり得点。その後後半途中まで得点機こそあったがモノにはできなかった。後半15分、ゴール左側からの細田のFKがバーを叩いたはね返りを種子田が決めて2点目。細田のFKは本当にいいところを突いてくる。前節、相手DFの偏りとGKの中途半端な位置取りを読んでゴール右側へカーブさせて直接決めたし、今回もいいポイントを突いていた。本人も自信を持っているようで、芸術的というよりも頭脳的といった方がいいかも知れない。二十歳そこそこの学生だけれど、よく考えてプレイしている。

五十川が負傷、日和も全力でプレイしていながらも調子が上がらず交代し、残る1枚のカード。残る時間は5分を切ったところ。運動量の落ちた山田に替えて誰を入れるのか。リーグ戦とは違い、出場機会の観点から泉にするのか、それとも、走れる小島にするのか。答えは明確だった。攻撃と守備のメリハリをしっかりと考えてプレイできる小島の方が優先。特に、今季の小島は非常に献身的なプレイをする。一度ボールを持ったら、前へと突破して決定機を創り出そうとするし、相手ボールになった時にはしっかりと下がって相手選手の間に入って守備をする。非常に攻守共に意識が高い。残り1枚のカードをどう切るかという時、こういう選手は必ず選択肢の上位に来る。

あくまで最後まで攻撃の手を緩めたくない、さりとて、いざという時に身体を張れる。最後のカードとしてこれ以上ない。本人もしっかりと自覚してプレイしているということが感じ取れる。こうやって、考えながらプレイできる選手の存在はチームにいい影響をもたらしてくれる。

見ようによっては格下相手に順当な勝利とも取れるのかも知れない。しかし、一発勝負のトーナメントでの下位カテゴリとの対決ほど嫌なものはない。食いに来るからだ。だからこそ、完封勝利は選手にとっても自信となっただろうと思う。しっかりと、選手個々が考えながらプレイした結果だと思っている。

試合後のミーティングでもそれぞれの考えをしっかりと表明する場を持つことができた。このチームは決して実力の面で抜きん出ている訳ではない。チームとしての総合力で何とかかんとか勝ってきたに過ぎない。その中には、その時その時で選手がどう感じ取って、考えていくかということに尽きると思う。私が幾らスカウティングしたところで、結局は選手が如何に考えて、ミッションに対して忠実にプレイしていくかだけ。

次は手強いTOJITSU滋賀FC相手。格上相手だけど決して奇跡を起こすなどとは思っていない。自分たちの持てる力を十二分に発揮することで勝利は必然であると思っている。迷いは決してない。撃ち合い上等、全力でぶつかるのみ。

JUGEMテーマ:スポーツ
| Kelli T. | football | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログ読ませてもらってます。紫光応援しています。試合のレポートみたいなの、これからも書いてくださいね。
| ふっと | 2011/07/26 1:26 PM |
>ふっとさん

コメントありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いします!
| Kelli T. | 2011/07/26 4:29 PM |









http://www.kelli.jp/trackback/873950
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
UNIQLOCK
SAKAI'S WEATHER
FACEBOOK
Kelli T. Toyoura

バナーを作成
MY TWEET
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MY BOOKMARKING BLOGS
PROFILE
このページの先頭へ