Kelli T's weblog
<< Thinking | main | Destination >>
Difference
全国社会人関西大会の代表決定戦が31日に行われた。
先に結果を言えば、0-6でTOJITSU滋賀FCに敗戦。
昨季は同率リーグながら0-3・0-9で敗戦し、今回も同様。もうこうなったら、苦手とかそういう問題ではないのかも知れないと感じている。

確かに、今季Div.1で戦っているTOJITSUは我々とは違うレヴェルで戦ってきたことは間違いない。仮に昨季とメンバーが同一だったとしても、経験値は異なってきていることだろうと思う。
しかし、それ以上の差を感じるところもあった。そこには、私なりのTheoryに反する部分もあった。

例えば、相手は前半をかなり抑えめに戦ってきていた。目に見えて分かった。悪い言い方をすればちょっと舐めている風でもあった。こういう時、案外に必要以上に体力消耗をするケースがある。特に真夏の炎天下では猶更のこと。しかし、後半に入るやいなやfull throttle。もう、ウチは後手に回るしかない。

ましてや、DFラインを上げられてしまっては、少々高いボールを上げられても全てオフサイド。
後半の戦い方について私自身にももっとcleverさがあればちったあましにはなったんじゃないかと悔いが残る。指揮官がこんなんではいけないことは重々承知の上で言えば、お手上げだった。

勝ったTOJITSU滋賀FC。やっぱり「滋賀」を感じさせるSexyなフットボールを魅せてくれる。紫光に勝ったんだから、全社で暴れてくれないと私は許さんぞ(笑)。試合後、TOJITSUサポータにも「大会では大暴れして旋風を巻き起こしてくれ」と伝えた。

敗戦という現実を突きつけられながらも、選手に対して、実力差という点については私は言及しなかった。それを言ったところで単なる慰めにしかならない。むしろ、個々のレヴェルアップにつながることを言った方がいい。敗戦をしっかりと受け止めて、そこから学ぶべき点はしっかりと学んで、今後再開するリーグ戦で如何に発揮するかが大事だと思っているから。それは選手には重々言ったつもり。

まずはリーグ戦を取ることが大事なんだから。

とはいえ、48分間ではあったけれど、全国社会人が単なる視察者としての大会ではなく、当事者になれるんだという思いを抱かせてくれたことは選手たちに感謝したい。点差こそ無残だったけれど、選手たちは一切気を抜いてはいなかった。そこはしっかりと評価してやりたいと思っている。

全社・関西での戦いについて気持ちをまとめようと思っていた時に、悲しい報せが。
我々が目指している(地域リーグにいる以上は誰だって目指すでしょう)JFLの松本山雅FCに所属している、元代表・松田直樹君が急性心筋梗塞で倒れて、生死の境を彷徨っているのだそうだ。百戦錬磨の名選手とて、何があるか分からない。我々も練習の際は細心の注意を払うことはもちろんのこと、選手個々の体調管理をしっかりとしておかねば…と再認識。

松田君、梓川は渡っても三途の川は渡っちゃいかん。まだまだやり残したことがあるじゃないか。結果として現役復帰は叶わくとも、命こそ宝だ。またはにかんだ顔でスタジアムに現れることを祈る。

JUGEMテーマ:スポーツ
| Kelli T. | football | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://www.kelli.jp/trackback/873951
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
UNIQLOCK
SAKAI'S WEATHER
FACEBOOK
Kelli T. Toyoura

バナーを作成
MY TWEET
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MY BOOKMARKING BLOGS
PROFILE
このページの先頭へ